無料ブログはココログ
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 綿矢りさ 「夢を与える」レビュー感想 | トップページ

2016年9月22日 (木)

ピエール ルメートル - 「その女アレックス (文春文庫)」

 出版社:文藝春秋
 発売日: 2014/9/2
 ジャンル:サスペンス・ミステリ



■評価
 ストーリー :★★★★★
 読みやすさ:★★★★★
 スリル   :★★★★★
 登場人物 :★★★★★

 全体    :★★★★★

      


■内容紹介
おまえが死ぬのを見たい――男はそう言って女を監禁した。檻に幽閉され、衰弱した女は死を目前に脱出を図るが……。
ここまでは序章にすぎない。孤独な女の壮絶な秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、慟哭と驚愕へと突進する。
一気読み必至の大逆転サスペンス。貴方の予想はすべて裏切られる――。

●印象に残った場面・部分
冒頭のアレックスが監禁されているシーンはかなりリアルに描かれています。

■感想
週刊文春2014年ミステリーベスト10で第1位!
「ミステリが読みたい! 」「IN POCKET文庫翻訳ミステリー」でも1位!
イギリス推理作家協会賞受賞作!
これだけでも期待が高まる作品ですが、読んでみて期待は裏切られなかった作品でした。ミステリとしてはそこまでではないですが、サスペンスとしてはかなりよく構成が考えらています。
アレックスの行動は予想とは全く異なる方へ向かっていったり、予想のままの行動をとることもあるけれど、それもこの本を楽しませるもののひとつ。
物語のもうひとつの軸であり、もう一人の主人公であるカミーユ警部とアレックスの交差するようでしないすれ違い、アレックスとカミーユの2つの視点が交互に描かれながら進むスピード感によって引き込まれます。
カミーユやル・グエンやルイやアルマン、キャラクターたちも全員が魅力的に描かれている。

心理的描写が多く、詳細に描かれている、ラストは個人的にもとてもスカッとした内容になっていました。
内容はかなり重いテーマになっているので不愉快な気持ちも残ってしまうかもしれません。

« 綿矢りさ 「夢を与える」レビュー感想 | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766705/67216158

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール ルメートル - 「その女アレックス (文春文庫)」:

« 綿矢りさ 「夢を与える」レビュー感想 | トップページ