無料ブログはココログ
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月16日 (水)

ラノベ「人類は衰退しました2」あらすじ・感想!

こんにちは!

本日は「人類は衰退しました2」のレビューです!

人類がゆるやかな衰退を迎えており,すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身,高い知能を持ち,お菓子が大好きな妖精さんたち。
そんなお話です(*´-`*)ノ

この本では文明の繁栄と衰退がテーマとなっています。衰退した人類と,わずかな期間で文明を作り出せる妖精さんを描くことで表現しています。

二巻は,妖精さんが作ったと思われる変な品々が出回っていることから始まります。
妖精さんは知性がものすごく高いです。変な品々の中にはブラックホールの缶詰なるものもあります。本当にブラックホールが入っているとしたらすごいですね!

妖精さんのかわいさをセリフを全部ひらがなで書く事で表してます。
「ばかなー」「そんなことが」「かちぐみやんけ」
こんな感じです。

そんな妖精さんの生態がどのようなものなのかを少し干渉しつつ調べていきます。

ここからはネタバレが多少あります(*´-`*)ノ

今回は主人公である私が,妖精さんのサイズに,というより妖精さんになってしまいます。
最初に妖精さん来客用にミニチュアを作ったのが伏線になっていますね。一ページ目に小さくなった私らしき絵が載っているのでバレバレなのですけど。

妖精さんの童話的なストーリー,それでいて少しブラックの入ったユーモアのある内容で,遊び心のある文章になっています。
妖精さんが作ったと思われる品の中に,頭に入れると薄力粉が出せる軽量スプーンがあります。こんなとこにもブラックユーモアが含まれてますね。この道具によってなぜか小さくなってしまいます。

私が妖精さんの目線から語っていきます。妖精さんの思考がどんなのとかわかっておもしろいです(*´-`*)ノ妖精さんにもいろいろ大変なことがあるのですね。

後半は助手さんお迎えのお話です。
妖精さんがとてもお菓子をたべたいお話でもあります。

タイムパラドックスな,個性やら結構ふくざつなお話でした。

すごいバナナがあります。バナナもだんだん進化していきます。

アニメもやっていました。妖精さんの喋り方がこんなだったのかと補完できます。

それでは!!

2013年1月 9日 (水)

ラノベ「人類は衰退しました」あらすじ・感想!

こんにちは!

本日は「人類は衰退しました1」のレビューです!

人類がゆるやかな衰退を迎えて,はや数世紀。すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身,高い知能を持ち,お菓子が大好きな妖精さんたち。
そんなお話です(*´-`*)ノ

主人公の名前や人間さんの名前はひとりも出てきません。助手とかお祖父さんといった感じです。
妖精には名前を付ける概念はないですが,主人公が名前をつけてあげる個体が何人かいます。

一巻は,初仕事として妖精さんたちに会いに行くお話です。
妖精さんは甘いものが大好きなので,それによって妖精さんを三人を捕獲して家に持ち帰ってきます。その後妖精さんの文化を観察していきます。

妖精さんのかわいさをセリフを全部ひらがなで書く事で表してます。
「ばかなー」「そんなことが」「かちぐみやんけ」
こんな感じです。

妖精さんは知性がものすごく高いです。一日でものすごいメトロポリスを作ってしまったり,紙一枚と輪ゴム一枚で精巧に動く恐竜を作ったりしてしまいます。
そのペーパークラフトは一枚の紙でできていて,その一枚だけで商品パッケージにもなってしまう優れものです。

そんな妖精さんの生態がどのようなものなのかを少し干渉しつつ調べていきます。

妖精さんの童話的なストーリー,それでいて少しブラックの入ったユーモアのある内容で,遊び心のある文章になっています。
この本では文明の繁栄と衰退がテーマとなっています。衰退した人類と,わずかな期間で文明を作り出せる妖精さんを描くことで表現しています。

アニメもあります。

それでは!!

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)

新品価格
¥600から
(2013/1/9 21:09時点)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »